腸管内の常在細菌とは、人の体の中に存在する細菌の事です。
消化管に存在している細菌の事は腸内細菌と呼ばれており、常在細菌という名でも知られています。

この腸管内に存在する細菌には多数の種類があり、消化を助ける物から病原菌等を無くす物まで様々な細菌が存在しています。
300から500種類を越える細菌が腸管内の細菌として認められており、人間の体内はその細菌が住みやすい環境を提供している状態を維持しているのです。

尚、消化酵素では消化できないような栄養分を分解したり、体内で作る事ができないビタミンを合成し、体内で有益に働くようにしてくれていたりするのも腸内の常在細菌の役割です。

また、腸管内の細菌は変化しやすく、老化や普段の食生活やストレス等によって構成が変化されてしまうという特徴を持っていますので、常日頃からこれらに注意を向けていれば、腸内の常在細菌は良い状態を保ったままでいられる可能性が高いです。

ちなみに、腸内細菌は外部の病原性細菌が好まず、安定した安らぎのある腸内を好む傾向にあります。
腸内の細菌バランスが崩れてしまう原因になるのがこの病原性細菌なので、できるだけ病原性細菌が体内に入る前に防ぐと健康維持に繋げられます。