臨床細菌で動物由来感染症を引き起こす微生物の存在が明らかになりました。

これらの小さな細胞は、通常は肉眼では見ることができませんが顕微鏡では動きを観察できる単細胞生物です。
感染症はこれらの細胞で引き起こされます。
最近ではテング熱など新たな強力なウィルスを持つ感染症も発見されています。

クラミジア マイコプラズマなども身近でよく聞く病名です。

治療は感染患者の検体で微生物を検出して、同定法や検査キットを用いてウィルスを検出します。

病状を見極めて感染症を起こしたウィルスを特定して適切な薬剤を選択することが必要です。

さらに感染症や合併症などの発生率をどのように防ぐか、今後の重要な課題です。

現代医学では臨床細菌において動物由来感染症の原因と形態、機能や治療などの応用や開発を行っております。

動物由来感染症は人と動物に共通する感染という意味です。
症状は重症になるものから軽症のものなど様々です。

人の移動や自然環境の変化。
繁殖行為などに伴い、新しい感染症も見つかっています。
動物が危険ということではありません。
感染を予防するには正しい知識を持てばいいのです。

人と動物の健康な生活のために臨床細菌は重要な役割を持っています。