出血性膀胱炎が起こると発熱をし腰痛や背中を痛め、血尿や頻尿、残尿といった症状が起こります。普通の急性膀胱炎は細菌感染による症状では抗がん薬になりますが、出血性膀胱炎はミノサイクリンという薬を処方します。このミノサイクリンは抗生物質の内服薬です。他に前立腺に対しても効果を示します。出血性膀胱炎は尿路感染症の一つで腎臓から尿道にまで全体にはびこる感染症になります。その尿路感染症には腎臓の部分の上部と発熱が生じない尿路の部分の下部尿路感染症に分かれます。その際の病原体は大腸菌などの細菌によるものが大半を占めています。これらは頻尿や血尿を起こし膀胱に炎症を起こしています。その場合は発熱が同時に起こります。ミノサイクリンの処方にあたり副作用がある時はアレルギー症状や蕁麻疹があり、重い場合は急性腎不全や皮膚粘膜眼症候群などになります。これは他の多くの薬の際に起こるめったに起こらない副作用のようなものになります。さらに主に食道から腎臓まで内臓全般の障害を重く抱える方には控えられています。年齢や性別の場合は子どもではウイルス性が原因で風邪ではない発熱とともになる症状になります。幼児は尿が逆流するように転移して成長していようなく膀胱尿管逆流になるおそれがあります。また成人では男性より女性の方が多くかかりやすくなっています。基本的に検査は尿検査や血液検査、細菌検査によって調べます。このような頻尿などの症状での感染症は抗菌薬がこの病気の経路である腎臓から尿路に入っていくので、すぐ効いて症状が良くなっていきます。ほかに脊髄損傷によることが原因で膀胱の異常で、この子どもにかかることがある膀胱尿管逆流で残尿になりやすい神経因性膀胱になることがあります。