性行為を行ってしばらくして、陰部のかゆみを感じたり、おりものの変化を感じたら、性病を疑う人は少なくありません。性病は数多くのものがありますが、一度の性行為によって感染するときやそうでない場合もあります。まさか自分が性病にRead more »

出血性膀胱炎が起こると発熱をし腰痛や背中を痛め、血尿や頻尿、残尿といった症状が起こります。普通の急性膀胱炎は細菌感染による症状では抗がん薬になりますが、出血性膀胱炎はミノサイクリンという薬を処方します。このミノサイクリンRead more »

細菌は目には見えませんが私たちの周りに存在し、空気から直接感染したり、血液感染、咳やくしゃみなどによる感染、触れることによる接触感染などから感染するのです。咳が出るときはマスクをしたり、病原菌に触れないようにしたり我々もRead more »

ミノサイクリンの服用により、細菌の生育に使われるタンパク質の発生を阻害します。ミノサイクリンにより、病原微生物の増殖をおさえることになります。つまりミノサイクリンは、抗生物質の一つです。菌の増殖を抑える作用で使えるのは、Read more »

テトラサイクリン系抗生物質として知られるミノサイクリンは、テトラサイクリン系の中でも抗菌力が強いことが魅力とされて汎用されてきました。テトラサイクリン系抗生物質があまり有効ではない黄色ブドウ球菌や大腸菌に対しても一定の効Read more »

今般のストレス社会に悩み、腸内環境に不安を持つ人は多いといわれています。 厚生労働省によれば、腸内環境の悪化が原因で重篤な病気になる人の数は年々増加傾向にあるといいます。 医師により、腸内を定期的に診ることは、健康維持のRead more »

腸管内の常在細菌とは、人の体の中に存在する細菌の事です。 消化管に存在している細菌の事は腸内細菌と呼ばれており、常在細菌という名でも知られています。 この腸管内に存在する細菌には多数の種類があり、消化を助ける物から病原菌Read more »

臨床細菌で動物由来感染症を引き起こす微生物の存在が明らかになりました。 これらの小さな細胞は、通常は肉眼では見ることができませんが顕微鏡では動きを観察できる単細胞生物です。 感染症はこれらの細胞で引き起こされます。 最近Read more »

最小発育阻止濃度(MIC)とは、抗生物質の効果を示す指標のことで、細菌の増殖を抑制するために必要な抗生物質の最低濃度のことです。 細菌が原因で病気になった場合、私たちは抗生物質を服用して細菌の増殖を抑え、病気の治癒を促しRead more »